環境法リスク0セミナー

環境関連法令が順守出来ている自信がありますか?

各工場における環境法令の現状

  • ISO14001を取得しているから大丈夫。
  • 内部監査を行っているから問題ない。
  • 最新の届出書がどこにあるかわからない。
  • 本業が忙しく、ここ数年法令の改訂を把握していない。
  • 各部署ごとに書類を管理し、全体を把握している人がいない。
  • 担当者の変更時に、正確に法令書類が引き継がれない。
  • 突然の行政の立ち入りがあったら、対応できるか不安。
  • 生産第一、安全第一になって、遵法管理が疎かになっている。
  • 担当部署に適材人員を配置できていない。
  • 管理されていない状況が上司へ報告されていない。
  • 産廃が業者任せになっている。
  • 廃棄物の処理を自社の勝手な判断で決めている。

環境関連法令リスク0にする方法

  • 環境法令の全体像(法令、条例他)をつかむ
  • 法令・条例のそれぞれについて該当・否該当を明確にする
  • 該当するものについて、届出・記録を完備する
  • 法令・条例・記録の情報を皆で共有する
  • 法令・条例・記録を一元管理する

セミナーの例

13:00 環境関連法令の違反事例
各工場における環境法令実態説明(実例のご紹介)
14:00 環境関連法令リスク0(ゼロ)にする方法
15:00 チェックシート作成のメリット
16:00 質疑応答等

※東京駅周辺 カンファレンスセンターにて行います。

講師紹介

  • 成岡 義仁(環境法令・環境教育専門コンサルタント)

    大手メーカーの工場にて、数多くの環境関連法令チェックに携わり、卓越した監査能力で環境関連法令リスクを0(ゼロ)にします。
    大手企業で、全国の工場や事業所でISO立ち上げや環境関連法令の仕事を歴任後、その実績を認め、弊社に招聘しました。
    工場内の問題発掘から、課題解決の改善活動を通じて、様々な経験があり、今回の環境法リスク診断に活かせると考えております。

  • 合田 克至(マネジメントコンサルタント室 部長コンサルタント)

    約10年間の産業廃棄物の現場営業から培った、廃棄物処理法の実践について経験豊富な産業廃棄物コンサルタント。
    廃棄物処理法にて曖昧な解釈を数多く解決した実績があります。